モズライトのビブラミュートのメッキ♪ ~昔メッキをかけ直したことがあるんです。

これは僕が愛用しているMosrite USA Re(リイシュー)のビブラミュートです。

僕が所有している2本のモズライトのトレモロはどちらもUSA製で、現在黒雲製のビブラは持っていないので比較写真は無いんですが、ビブラミュートはUSAと黒雲でメッキ色が微妙に違うんです。 マニアの方はご存知だと思いますが、黒雲製のビブラは少し黄色っぽいんです。若い頃、黒雲をメインで使っていて一時期急に気になり始めたことがあってメッキ業者さんに頼んでハードクロームメッキをかけ直してもらったことがあったんです。もう20年以上昔のことですが、確か5,000円もしなかったと思います。★もしメッキのリフィニッシュを考えておられるなら、台座を業者さんに出す前に、ブリッジ用スタットのネジ孔をハンダで埋めておいた方が良いと思います。当時僕はメッキ加工へ出す前に勤めていた会社のベテランサービスマン(修理)に話を訊いたんです。 「再メッキする前の酸洗いで小さなネジ山なんかは溶けたり欠けたりするので、半田で埋めておいた方がイイ」って! おかげで手元に戻ってきた時、ネジ山は大丈夫でした。埋めておいた半田は8割が解けていました。半田なの軽くタップを通しただけでとれました。 で、肝心のメッキはUSAのオリジナル同様灰色っぽいシルバーに変身していたので感動しましたね!
 近年モノの黒雲 ↑ は昔ほど黄色っぽくないようですが。。。

★先日、黒雲を使っている友人とビブラミュートの話になったんですよ~♪

——————–スポンサーリンク —————–

★Super Excellent ’65

http://amzn.to/2rh7VMf
※この商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。
—————————————–

僕が昔からやっているもう1つのサイトもよかったら覗いてみてください  ↓

★ゴーゴーエレキ : http://www.crepop.net/akkun

 

——————–スポンサーリンク —————–




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です