■気になるアイテム

HORA 排莢式 最新型ハンドガン
銃乱射事件が後を絶たないアメリカ、我が国日本と違い拳銃というものは身を護るための必須アイテムという認識なのかもしれません。そんな海外の国と違い勿論日本では一般の人が銃を所持することは許されていません。本物の銃が持てないからモデルガンやエアガンを買う!って銃に興味が無い方は考えるかもしれませんが、子供のころからガンが好きな自分にとってトイガンはトイガンであって実際の拳銃とは全くのベツモノ。そう似て非なるモノなんです。わかりやすく例えるなら「特撮ヒーロー」みたいなものなんです。そんなトイガンでも犯罪に悪用する人が時々出て来ちゃうからホント困るんですよね~
正しく扱えば安全で楽しい遊具なのに、悪用する人が出てくる度どんどん危険アイテム扱いされちゃうんですよね~
そんなこともあってかモデルガンやガスガンから離れてしまうガン好きの方もおられるようです。
そんな方にもう一度トイガンの楽しさを思い出してもらえそうなアイテムが今話題のHORA排莢式トイガンM9A1
モデルガンのように火薬は使いません、ガスガンのように専用ガスも必要ありません! 弾も出ません!
しかし、その機構動作は超リアルなんです。そう空薬莢がスライドから実銃のように排出されるんです。発売初期シリーズは排莢動作以外いかにもオモチャっていうルックスだったんですが最新のベレッタモデルM9A1はマニアも苦笑いするようなデキなんです。「排莢動作」に関しては僕が中学生の頃持っていたMGC/ワルサーPPKのタニオアクションに似てますね~ 構造的には少し違いますしスライド自体軽い樹脂ですから軽いトリガプルで小気味よく動作してくれるんです。
銃口から照射されるレーザーによりターゲットを狙いシューティング合戦が楽しめちゃうんです。
リアルな動作や外観なんですが意図的にオモチャ感を出しているようにも思える質感! このトイガンに嫌悪感をもつ人はいないんじゃないかと考えます♪ なんといっても安いからGoo!!

これ↓は僕のお気に入りマルイのG18C(ガスガン)なんですが、こいつが排莢式だったら言うこと無いんですけどね~
フルオートで撃った時、手に伝わる圧巻のリコイルが、、、♪
GLOCK G18C (東京マルイ)
・・・セミオート/フルオート切替ブローバックガン ※18禁