アコギを買うなら、ショップで試奏してから買うか? 値段重視でネットで買うか?【初級ギター講座】

先日もYoutubeチャンネルでアコギを買う時の注意点などについてお話しましたが、今日も週末恒例の「ギター試奏の旅」に行ってまいりました♪ 今回は名古屋納屋橋にある「ヤマハミュージックリテイリング名古屋店」にお邪魔してきました。場所は広小路通り、ヒルトン名古屋の斜め前にあるキレイなビルです。リニューアルしたばかりなのでホント綺麗ですよ~ このお店は僕が高校生の頃(数十年昔!)、バンドメンバーとよく覗いてたんです♪ 当時は1Fがレコード売り場になっていて、2Fが今と同じギターコーナーでした。ただ当時はいろんなメーカーさんのギターや周辺機器が並んでいたので半日居ても飽きない!って感じだったんです。「ん、当時は?、、」ってことは今は違うの?、、って思ったでしょ。 確かに現在はほとんどヤマハのギター! っていうかヤマハオンパレードです。でも僕は今までそのことに何の疑問も持って無かったんです! 「だってヤマハだから、、」「ヤマハのショールームだから、、」ってな感じで。。
僕のギター仲間もみんなそう思ってました!  しかし今日、店員さんからいろいろお話を聞いて判ったんですが、このヤマハ、ショールームではなく普通のショップさんだったんです。なので、ヤマハのギターじゃなくても普通に取り寄せてもらうことが出来るそうなんです! 例えばGibson(ギブソン)J-45とかネ♪ 僕はてっきり、80年代当時と違ってショールーム兼アクセサリー販売でギターも一応買える程度のお店だと思ってたんです。いや~ゼンゼン違ってました~ 今日、接客して頂いた営業の伊藤さんから詳しい話を聞かせてもらって判明したんです。だからお店としての見た目はクールな感じですが、昔と同じ「楽器屋さん」だったんです。なので誤認してるギター仲間にも教えたんです!
で、今日そのヤマハさんを覗いたのはLS6 AREとLS16 ARE を弾き比べさせてもらうために行ったんです♪ 以前も少しご説明しましたが、LSシリーズは写真↑のようにフォークタイプの小ぶりなヤツ! MARTIN(マーチン)でいうと000ですね。LS6はトップがスプルース単板・サイドバックがローズの合板、でLS16が同じ材のオール単板という仕様なんです。価格的には3万円位の違いですね~ 勿論、僕は今までに両者とも弾いたことはあるんですが、今回は最終チェック!ということで、、 そう、どちらか買うつもりなんです♪、、 いや、買うつもりだったんです!
ん、「だった?」、、? そう「だった」んです! それは後でご説明しますネ!
まずサイドバックが合板のLS6、合板といってもやはりローズなのでかなりしっとりしたクリアなサウンドですね~ さらにトップはARE加工されたスプルース単板なので鳴りに関しては全く不満無し!って感じです。で、オール単板のLS16ですが鳴りは正直合板のLS6とそれほど差は無いと感じました。ここで言う鳴りとはあくまでも「音量」のことです♪
音質でいうとやはりLS16は指板にエボニーが使われているのとサイドバックのローズ単板による音のシマリがあるのでLS6より微妙に硬質な感じがしました。それとエボニー指板ならではのスムーズな運指は捨てがたいものがありますネ~ ボディのバインディングもLS6のプラスチックに対してLS16は木製なので高級感はかなりあります。ただ僕は今までにウッドバインディングのアコギも持っていたことがあるんですが、頑丈さでいけばプラスチックの方がイイと思います♪
総評としてはコードストロークでザクザクやりたい人にはLS6の方がイイんじゃないかと思いました。見た目は6も16もほとんど同じなので。。 どちらを選んでも積層ネックが採用されているので、反りやネジレにはかなり強いと思います。なによりどちらもかなり弾き易いアコギです♪ 営業の伊藤さんのお話でも、やはりグレードの下のFSシリーズよりLSの方が売れてるようです♪


で、先ほどの「LSを買うつもりだった!」のお話の続き。。実はLSシリーズと同じ様に前から気になっていた写真↑のLL16Dっていうモデルがあるんです。このLLシリーズは一般的にドレットノートって言われてるボディサイズのヤツなんです。LS16と同じ価格帯でLL16って~のがラインナップされてるんですが、このLL16DはそのLL16のデラックス版なんです。写真でもお判りだと思いますが、ボディのバインディングに貝が使われてるんです。豪華でしょ~ まぁ~音には関係ない部分ですが、僕らオジサンはこういう仕様は大好物なんです♪ さらに、僕も伊藤さんに言われるまで気が付いてなかったんですが、サウンドホール周りの貝がダブルになってるんです! ん~超ゴージャスじゃないですか~♪ で、今日最後に弾かせてもらったんですが、めちゃイイ音!それとめちゃ弾き易かったんです。お話ではLS6、16と同じネックらしいんですが、、 弦高のセッティングが最後のLL16Dだけ微妙に低かったんです。それが、かなり僕好みの設定だったんです。といっても僕が普段弾いているギブソンLG-1の2mm(6弦12F)までとはいきませんが、それでもめちゃイイ感じだったんです。まだサドルの高さにも余裕がありましたし、ローフレットまでの間隔もまだ多少イケそ~だったので、もし買ったらかなり弾き易いギターに調整できる!、、って♪
LSのフォークサイズとドレットの違いは解っていても、やっぱ何だかんだ行ってもドレットノートのガツン!とした中低域は000サイズでは難しいですからネ~
★今日のタイトル、「アコギ買うならお店かネットか?」ですが
初心者のみなさん、これからギターを始められる人、まぁ~みなさんご予算のこともあるかとは思いますが、アコギに関してはできる限りお店で試奏して買った方が僕はイイんじゃないかと思います。もし価格重視でネット買いするにしても、アコギは個体差が少ないヤマハをおススメしますネ~♪


今日いろいろお話を聞かせて頂いた
ヤマハミュージックリテイリング名古屋 さん

住所:〒460-8588 愛知県名古屋市中区錦1-18-28
TEL:052-201-5151

今回お話を聞かせて頂いた
ギターフロア営業の「伊藤さん」は
かなり詳しくて感じのイイ方なので
初心者の人はいろいろアドバイス
してもらえると思いますよ~♪


★Youtubeで少し解説してますから
よかったら覗いてみてください♪

GOGOAKKUN CHANNEL


——– スポンサーリンク ——–




 


★バックナンバー★

ペグ交換:グローバーとクルーソン



★1人でストリートやるなら
やっぱルーパー搭載のAC-33。
後継機のAC-40はルーパー非搭載

★AREとは、新品でも長年
弾き込んだアコギかのような
サウンドが出せる処理をトップ材に施した
ヤマハの最新技術なんです♪

※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-


————————————————-

★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


人生を変えるブログ