べっ甲ピックガードのお話♪ ~モズライト、バーンズ。。。

ギターの種類にもよるんですが、僕は昔っからべっ甲(ベッコウ)タイプのピックガードが好きなんです♪   勿論、鼈甲といっても一部を除いてほとんどがホンモノではなくセルロイドなんかのレプリカですが、べっ甲柄って独特な味わいがあるんですよね~ そんなべっ甲ピックガードの中にも「これは無いでしょ!」みたいなヤツも結構あるんですよね~ 例えばお値打ちで気に入ったギターに出逢った時、ボディはイイんだけどピックガードが。。。って、いうことあるでしょ? その場合、ほとんど見送るんですが、中にはなかなかお目にかかれないようなレアモノもあるんですよ~ そんな時は取り敢えずギター本体は買って自分の好みのピックガードに載せ換えてるんです♪ で、一番厄介なのが「べっ甲タイプ」なんです。なかなか無いんですよ~ 自分の好みにドンズバ!ってヤツが。。。
これ↑は僕が愛用してるMosrite(モズライト)USAリイシューです。17年前オークションでお値打ちにゲットしたんですが、元々着いていたべっ甲は粗目で派手な感じのヤツだったんです。で、モズライトで当時有名だった関西の楽器店 ワルツ堂の潮見さんに相談して送ってもらったのが現在も着いているこの濃いべっ甲なんです♪ モズライト好きの方ならお解かりだと思いますが、このべっ甲、離れたトコロからだと黒に見えるんですよ~ 若い頃、1965年のベンチャーズ・ライブインジャパンのモノクロ映像を見た時、あのピックガードは絶対「黒」だと思ってましたから。。。 まだ中学生の頃、モズライトの実物はファーストマンのアベンジャー(Avenger)しか見たことが無かったですからね~
自分の中でPWのモズライトにはこのピックガードしか無い!って思ってるんですが、モズライトに限定しなければ個人的に一番好きな感じの「べっ甲柄」は、下の写真のバーンズに着いてるヤツなんです。

BURNS  DEJAVU

★その他で僕が持っているべっ甲Pガードギターをご紹介♪
コレは今は無きFENDER JAPAN(フェンダージャパン)のJB62SS(ショートスケール・ジャズベース)。この感じのべっ甲柄が一番スタンダードかもしれませんね~

これ↓は、お気に入りのミニメイトン(Diesel special)のべっ甲で柄的には好みの感じではないんですが、このギターには何かマッチしてるように思うのでヨシ!としてます。。。

そしてこれ↓は、アライ(現在のアリア)の1702Tのべっ甲。 1968年製ですから正真正銘のジャパンビンテージです♪
経年変化で黄色くヤケたホワイト部分がイイ感じなんです。この感じだけは擬似的に表現してある近年モノには出せないアジかもしれませんね!

↓BURNS  DEJA VU

↓Gibson 1967 LG-1
gogo akkun project nagoya japan / akkunguitar

マウスコンピューターのCMでやってる乃木坂46の白石ちゃん、白のジャズマスター(べっ甲ピックガード)めちゃに合ってます♪


———- スポンサーリンク ———-

————————————————-

※上記の商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用してます。

————————————————-

まだ間に合う! 男のサイズアップ計画!!

個人差はあっても基本的に年齢は関係無いようで
40代・50代での成功者が続出している事実
★3ケ月前後で効果を実感する方が多いようです。
愛飲している私の仲間内でも成功者続出。
私は今月5ヶ月目に突入しましたが、はっきり
違いが出てきたのは2ヵ月半辺りですね!
※直接の原因ではないかもしれませんが
更年期障害(男性)中の知り合い(55歳)は
効果の出方が遅いように思います。

————————————————-

★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です