ギター初心者はレスポールかストラトキャスターか? どっちを買えば、、、【初級ギター講座】

———-スポンサーリンク ———-


僕がギターを始めた数十年前と違って近年は「ギブソン」「フェンダー」という米国を代表する2大ブランドにこだわられる人もかなり減って来たように思いますね~ とは言ってもギターを始める切欠になるのはやはり「好きなアーティストが使っているギターが欲しい!」って~のが多いんじゃないかと。。。 普段、音楽番組やステージで近年モノのブランドギターを多用しているギタリストも、実はフェンダーやギブソンのビンテージギターマニアだったりすることが多いんです。 基本的にオールドギター(ビンテージギター)はラッカーの薄塗りで仕上げられていることが多いので、天候が気になる野外ステージや照明ガンガンのスタジオなんかは超苦手なんです。 特に湿気の多い日本は海外ブランドの高価なビンテージギターを保管するには向いてないんですよ~ 本家の海外アーティストでもステージでは敢えてポリ塗装のギターを使ってる方も少なくないんです。実際、米国なんかは日本ほどラッカー信者が多くないようなんです。「極薄塗装+ダメージ加工」すれば日本では高く売れる!、、 昔、マクドナルドのハンバーガーが日本に入って来た時、庶民はあまりの美味さにすぐ飛びつきましたよね♪ あれは健康志向になっていった国内(米国)での販売が低下したことの対策として「日本に、、、」っていうのがホントのところらしいんです。このお話、実際のトコロは僕も判りませんが以前業界の人から聞いた話なので、、、 舶来モノ好きの日本人は米国にとって「いいカモ」だったのカモ?しれませんネ~ 海外ブランドギターのヘビーレリックを見ても何か解るでしょ!確かに経年変化を見事に再現したルックスは職人技と言ってもおかしくありませんが、何で骨董価値もないギターが60万とか80万もするんです? ビンテージでしか出せないであろうサウンドを現代の安心クオリティーで手に出来るわけですから高いお金を出してもその価値があるのかもしれませんが、それは「ギター」つまり楽器を「商売道具」にしている人なら解るんです♪ あくまでもこれは、レリックギターというモノを冷静に考えた場合のお話ですよ~ ★しかし、実際僕もギブソン・カスタムショップの59レスポールを弾かせてもらったことがあるんですが、、、
「欲しい!!」って思いました♪(笑) まぁ~、お金に余裕がある人は細かいことを気にしないでイイと思います♪♪♪ またまたいつものようにお話が脱線してしまいました m(_ _)m
写真↑はご存知フェンダーのストラトキャスター。初心者さんは楽器屋さんでもこのタイプのモデルを勧められることが多いんじゃないでしょうか? まぁ~それにはいろいろ理由があるんです。その1つに「見た目がカッコイイ!」、、 といって人それぞれ好みがありますから一概には言えませんが、一般的なアコースティックギターと比べるとシャープな見た目で「いかにもエレキ!」って感じがするでしょ~!? 2つめとしては「レスポールタイプ」よりボディが軽いものが多いので初心者さんには扱い易いかもしれませんネ♪ ストラップで肩からぶら下げると500、600グラムの違いは大きいんですよ~ 特に女子には!! それに、これから「ギターを始めたい!」っていう女子はレスポールよりストラトのルックスをチョイスする方が多いようです。ただコレにはひとつちょっとした落とし穴があるんです。それは見た目や重量のことではなくギターは楽器、つまり「弾いてなんぼ!」ということで♪ まず、ギターには見た目の違いだけではなくネックの長さもいろいろあるんです。モデルにもよりますから一概には言えないんですが、一般的にストラトキャスタータイプのネックはフルスケール(324)、レスポールタイプはミディアムスケール(314)、この324とか314って~のはナットから12フレットまでの長さのこと。 12フレットはちょうどネックの半分の位置なので、フルスケールのストラトの弦長は648mm、レスポールは328mmとなります。※モデルによって多少違いがあります。 324とか314、スケール表記だと10違うだけですが、実際この2本の差は2㎝も違うんです♪ 初心者さんはこの2センチの差がどれくらいかなんて判らないと思いますが、ギター歴が長い人でも「フルスケールだと弾けない!」なんて方もいるんですよ~ うちのバンドのベース担当、元々はギターをやってたんです。学生の頃からレスポールタイプでネ♪ 今ではネックの長いジャズベを弾いてますが、ギターに持ち替えると未だにフルスケールのストラトだと弾き難い!って言ってますネ~ それくらいネックの長さってギターを弾く際重要なことなんです。まぁ~これも慣れの問題なんですが、初心者さんにストラトのテンション感(弦の張力)はちょっとキツく感じるかもしれませんネ~ サウンドの違いとしては、ストラトタイプの方がパリッとした音ですね。特にストラトと同じスケールのテレキャスターのパキパキ感にハマると「病みつき」になるかもしれませんネ~ テレキャスターのあの独特なサウンドは正にテレキャスの構造からくる産物なんじゃないかと思います♪
フェンダー・テレキャスター52モデル↓ じゃぁ~初心者さんは弦テンションの柔らかいレスポールタイプの方がイイのか? ってなりますよネ~ 実はレスポール、つまりミディアムスケールのギターにもフルスケールのギターと比べて弱点もあるんです。それは弦の張力(テンション)が緩い分フレット間の音程がシビアになることとチューニングがフルスケールと比べて多少狂い易いんです。チューニングに関してはペグの性能でも違いがありますので一概には言えませんがネ♪
勿論、ミディアムスケールはテンションが緩い分、チョーキングなんかはやり易いっていうメリットもありますよ~ 
そのミディアムスケールよりさらに短いのがフェンダー・ムスタングのショートスケール(305)。ストラトより全長で4㎝も短いんです。ムスタングといえばやはり「Charさん」
チューニングが安定しないエレキの代名詞と言っていいんじゃないでしょうか~ しかし、それも調整次第なんです。僕も以前長いことムスタングを愛用してたんですが、よく云われてるようにトレモロをかける度に狂うなんてことは無かったですヨ~ ただそうなるまでにかなり手を入れましたが、、、
フェンダー・ムスタング↓
ムスタングは元々フェンダー社の中でも「スチューデント・モデル」という位置づけで子どもや初心者向けに発売したギターだったんです。確かに短いネックでコードが押さえ易いんです。チャーさんの名曲「Smokey」のコードもショートスケールのムスタングだから生まれたコード!ってご本人も言っておられますからネ~ 判り易く言うならネックが短いから指がとどき過ぎちゃう!ってことなんです♪ しかし世の中にはまだまだネックが短いギターがあるんですよ~ そう、ビートルズのジョンレノンが愛用してたリッケンバッカーの325↓
なんと、弦長は52.7mmと超ショート。正にスパーショートスケールなんです。ストラトより12センチも短いわけですから。 勿論、僕も弾いたことがありますが正直最初は「何、コレ!!」って思いましたネ~ ただオールマイラビングの3連カッティングがめちゃやり易いです♪(笑) ビートルズ好きの僕でもリッケンバッカーはまだ一度も買ったことがないんですが、個人的には610が好きですね~ 人気のないモデルなんですがモノラル出力でシンプルなルックスが好きなんです。あと620も好きですね♪
Rickenbacker 610 ↑

話はスケールに戻りますが、リッケン325までの超ショートまでになっちゃうと流石に弾き難くなっちゃうんですが、ミディアム(314)~ 一般的なショート(305)までなら初心者さんが練習してても「指先が痛い」とか「指が届かない」ってことは少ないと思います。ただ先ほどお話したようにチューニングに関して多少の甘さも同居してますから、ご購入の時はよく考えてネ♪ 僕の持論では、初心者さんには弾き易いミディアムがいいんじゃないかと、、、 フルスケールより多少チューニングは甘くなりますが、その分小まめなチューニングも必要になりますから、良い意味でチューニングの練習になると思うんです。耳も良くなる(音感)と思いますよ♪ アコースティックギターはミディアムスケールのモノが多いんですが、エレキと違って太い弦が張られているのでエレキのミディアムよりチューニングは狂い難いんです。アコギでのチョーキングがかなりキツいのもそのせいなんです。 いろいろお話しましたが、最終的にはお店で触ってみて自分に一番シックリくるギターを買えばイイだけなんです♪  選んだギターが好きになっちゃえば、絶対そいつを弾きたい!って思うようになりますから大丈夫ですよ!!
もし予算に余裕があるなら、値段でギターを選ぶんじゃなくて、ギターそのものを気に入って買ってもらいたいんです。 で、最終的にそのギターの正札を見て「買えるか?」「買えないか?」を判断する!ってことです。 これってカンタンそうなことに思えるかも知れませんが実際は結構難しいんですよね~
ギターは自分の予算内で買う!って~人がほとんどなんです。特に男性は! 女子は意外に「これがどうしても欲しい!」って買うパターンが多いようで、妥協しないみたいです。その点、男は「まぁ~この辺で手を打つか!」ってことが結構多いんです。僕も含めてギター好きの人は多趣味の方が多いので「ギター」だけにお金はかけられない!みたいなトコロがあるんですよね~ ホント、お金持ちになりたいものです♪

【スポンサーリンク】
Epihone 
Les Paul SL Turquoise
https://amzn.to/2NfY2db
※この商品リンクはアマゾンアソシエイトプログラム使用

★食後の血糖値が気になる方! 糖尿病になると毎月かなりお金がかかりますよ~ 今ならまだ間に合うかも。。。 TVショッピングでお馴染みの フィットライフ・コーヒー↓

≪トクホ≫食後の血糖値が気になりはじめた方へ


—–【アマゾン・スポンサーリンク】—–



※この商品リンクは アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-

————————————————-

メンズサプリなら MENZOOで決まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です