【初心者編】エアガン、エアコッキングガンって何? ~ガスブローバックって?

今日は「おもちゃのピストル」、エアーガンやモデルガンのお話。写真↓上:クーガーM8000、下:ワルサーP38

このクーガーM8000は「エアコッキングガン」、ワルサーP38は「ガスブローバックガン」。 僕のようにギターをやっている人は結構モデルガン好きが多いんです♪   モデルガンの知識は全く無く、実際1丁も持っていないんだけど「ちょっとだけ興味がある!」って人に質問されたことがあるんです。それは「コッキングガンって何?」ってことです。これ、ガン好きの人以外はほとんど知らないんじゃ~ないかと思いますネ!

そこで、今回ご説明させて頂きます♪
まず「ガスブローバックガン」っていうのは、その名の通り「ガス」を使うんです。弾を装填する時(1発目)に銃の上部を「ガチャッ!」って後方にスライドさせるんですが、1発目の発射後 はガスの力で自動にスライドし2発目が装填されるんです。基本的には本物の拳銃と同じ様な動作をするんです! ただ、おもちゃのBB弾を発射するだけなので薬莢は排出されませんが。。。※マルシン CZ75 のようにカートリッジを排莢するリアルなガスガンも存在しますが。 で、装填したBB弾が無くなると(弾切れ)スライドが後方でストップするんです。たぶんみなさん一度は映画なんかで観ていると思いますよ~

そのガスガンと違い「エアーコッキングガン」は一般的に「エアコキ」と呼ばれています。そのエアコキはガスガンのように「専用のガス」は必要ないんですが、ガス圧の代わりに空気圧を利用して弾を発射させるため全弾手動でスライドさせ弾を装填する必要があるんです。コキコキするわけです。。。 ガスブローバックと比べるとリアルさは無いんですが、ガスガンの欠点ともいえる「冷え」に強いんです。ガスガンは連射すると弾倉(マガジン)部分が急激に冷え動作不良を起こし易いんです!特に冬場は。。。 なのでサバゲーでは、メインで使用するガスガン以外に補助でエアコッキングガンも持つんです。なんたって部屋で遊ぶだけならガス代が必要ないので経済的なんです。

それに本格的なモデルガンや高価なガスガンのようにリアルさを極端に追求していない分 価格が安いのも魅力のひとつなんです♪  と言っても、そのエアコッキングガンの中にもグレードみたいなものがありまして、結構リアルなヤツもあるんです。写真↑のM8000クーガー(東京マルイ製)はエアコキの割りに結構重量もあり集弾性能(命中率)も良く価格も2,000円ちょいなのでマニアックなモデルガンファンでも持っている人多いんですよ~
▼Smith and Wesson  BODYGUARD 380

写真↑は、クラウン製エアコキの「ボディーガード380」
お手軽に買えるエアコッキングガンには2種類ありまして、ひとつは「10禁」、そしてもうひとつが「18禁」。 これは何か?と言いますと。10禁は「10歳以上ならOK」、18禁は「18歳以上」ということでモデルによって年齢制限があるんです。 この2つ、同じモデルの銃(同社)なら見た目は同じです。 じゃ~何が違うのか? それはガンのパワーなんです!  低年齢の子どもが使う率が高い10禁モデルは18禁と比べて発射パワーが弱いんです。その辺の違いもあり10禁ガンはコッキング(スライドさせる)も18禁と比べると楽に出来るんです。18禁はガンによって女性の方だとスライド出来ない?ぐらい固いモデルもあるんです。なので、パワーが多少落ちてもルックスが変わらないから敢えて10禁を選ぶのもアリですね~ 10禁でも結構パワーありますし、室内で遊ぶだけの「お座敷シューターさん」は10禁の方が扱い易くて良いかもしれません。。。

このボディガード380はクラウン製の10禁ガンなんですが、小さくてカワイイので好きなんですよ~ EJ.ポートもちゃんと開くので結構リアルなんです! ただ、メチャ軽いですが。。。

くれぐれもエアーガン、ガスガンで遊ぶ時は保護メガネを忘れずにネ! 特に室内では、跳ね返って来たBB弾が顔面直撃ってこともありますから。。。 痛いだけじゃなく目に当たっちゃうと失明の危険性もありますから注意してネ♪


——————スポンサーリンク——————-

【参考商品リンク】
 

※この商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です