THR5 ギターアンプを入れるケースは。。~電池式ギターアンプ用ハードケース

Yamaha THR5 ver2

写真↑は、フロントグリルから覗くほんのりオレンジに光る真空管を思わせるギミックでお馴染みのヤマハTHR5ギターアンプです。このTHRのシリーズにはいろんなモデルがあるんですが、僕は一番シンプルで小さいTHR5を愛用しています。エフェクトもコーラスなどの空間系と使用頻度の多い ディレイ/リバーブが分かれているので非常に使い易いですね~ まぁ~このパターンはバッテリー式アンプではよく見られRoland(ローランド)のMICRO CUBE(マイクロキューブ)GXも似た感じになってますね♪

5種類のアンプキャラクター(モード)も非常に使い易い設定になっているので、個人的には細かいパラメーター設定は必要ない感じです♪ で、このTHR ちょっとしたイベントや宴会ステージなんかで重宝しているんですが、僕は現場に持ち込む時はいつもケースに入れていくんです! と言っても専用ケースではなく、僕が長年愛用している革の小さいバッグなんです。以前、ピグノーズでもご紹介したんですが、このTHR5もジャストフィット!なんです。電池式アンプって何処にでも持って行けて気軽に使えるので普通のギターアンプと違い落としたりぶつけたりっていうリスクが多いんですよね~♪ なので僕は必ずケースにINしていくんです。。。 その方が、ちょっとお洒落でしょ!?

僕が使ってるのはLEAVES(リーブス)っていうメーカーの12インチモデルなんです。2万円前後で買えるヤツです。

このバッグはアンプ以外に普段一眼レフカメラなんかも入れて出かけるんです。エフェクターだけ入れてライブに行くこともありますね~♪ とにかくコンパクトな見かけからは想像できない位の収納力なんです。

↑向かって左はピグノーズのアンプヘッド Piggy in a box 、右はBLACKSTAR(ブラックスター)のFLY3です。

↑左側 Guyatone MD-m5 + MESABOOGIE FLUXDRIVE
1967  Gibson LG-1

本革ならではの経年劣化によるキズやアメ色にヤケ感じが、ビンテージギターにも何か合うんですよ~♪

——————スポンサーリンク——————-

【参考商品リンク】

 

※この商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です