バイオリンギターのポリ塗装をラッカーっぽく加工! ★Yamaha VG-STANDARD


今日はVGスタンダードのボディトップ塗装をマットにしてみました。
取り敢えず今日はトップだけネ! ★つや消し + ライトレリック加工
先日もお話しましたが、ポリ塗装なんですがかなり薄いので fホール周りがイイ感じにレリック加工できました!

テカテカしたポリ塗装を「ナイロン磨きシート」の中目でマット加工し、その後 「細目」で軽く磨いてからコンパウンドをつけてタオルなんかで軽く擦るとラッカーっぽくなるんですよ~♪ ★この時注意することは、細目シートやコンパウンドをかける際に磨き過ぎないようにすることですね~ 擦り過ぎるとせっかく鈍い照りになったのに
またテカテカになっちゃいますから。。。

こんな感じに仕上がりました~ また時間がある時にサイド、バック、ネックもマット加工を施すつもりです。 今日夕方、注文してあったシールド等のパーツが届いたので今週末に配線関係を
やっちゃいたいと思ってます♪♪♪

Yamaha VG-STANDARD


————————-スポンサーリンク ———————-






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です