エフェクターのACアダプターのお話 ★僕は市販の小さいヤツが好きです!

acad1111a
現在フルメンバーでのバンド活動は休止しているので、ちょっとした宴会ステージなんかには、エフェクター1個と電池式アンプだけ持って行くっていうパターンが多いんです♪
現場で電源の心配がないのでほとんど電池で使うんですが、念のためACアダプターも持って行きますね。  今日は、そのACアダプターのお話しです。
エフェクターもバッテリーアンプもほとんどACアダプター別売りのパターンが多いと思うんですが、そのアダプターを買う時 メーカー純正を買うか市販品を買うか
考えたことないですか?  勿論、市販品を選択した場合は電圧だけでなく定格電流も同等のものを選びますよ~ では、僕がどうして市販品を買うか考えことがあるのか?って言いますと、それは値段とかではなくて ”大きさ” なんですよ~ 近年はトランスレスで小型のものが多く昔のようなゴッツいアダプターは少なくなりましたが、機種やメーカーによっては「何でこんなにデカいん?」って~のがあるでしょ~ 冒頭でもお話したように気軽なギグがほとんどなので、持って行く荷物は出来るだけ少なくコンパクトにまとめたいんですよ~
その時、ADアダプターって結構かさばるんですよね! なので僕は結構 電気街なんかでで売ってる市販のアダプターを買うことが多いんですよ~  で、今まで何かトラブルや不具合があったか?って言いますと・・・ 一度もありませんでした♪♪♪
まぁ~メーカーさんの純正品はそれなりに保護回路やノイズ対策がされていると思いますが、正直僕が今まで色々使った経験から言わせて頂くと、純正品も市販品も特に変わりません!  ただ市販品を使って故障した場合等はメーカーさんの保障は一切うけられなくなってしまいますから、自己責任ということにはなりますが。。。
acad1111b
(↑)写真のアダプターは上が普段コンパクトエフェクター用に宴会現場なんかに持って行く市販品のヤツで 下がローランドのマイクロキューブGX用(5.7v)のアダプターです。
ね、比べてみると市販品のはかなりコンパクトでしょ!!
宴会おちゃらけステージなんかでは、ほとんど電池だけで間に合うことが多いので
アダプターはほとんど予備的な感じで持って行くので僕は市販のコンパクトなヤツが好きですね~ よく使う Pignose(ピグノーズ)は、ACアダプターだとノイズが酷いので
20年以上愛用してても ACアダプターを使ったで鳴らしたことはほんと無いですね~♪

————————-スポンサーリンク ———————-


——————————————-

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です