「ギター改造」カテゴリーアーカイブ

値段が安くても良いギターはあるんです! ~ギブソン直系のepiphone Lespaul SL

コロナ禍の影響で現在も続いている久々の「ギター・ブーム」
十数年前にエレキをやめてしまった友人の中にも最近またギターを弾き始めたヤツがいますネ~ なんかちょっと嬉しい♪
僕のように下手の横好きで何十年もエレキをやっている人間からすると、これからギターをはじめる人は何かうらやましく思いますね~ だって近年は値段が安いのに作りがいいギターがいっぱい売られていますからネ♪
その中でも僕がギター・ビギナーさんにおススメしているのが、エピフォンのレスポールSLっていうヤツ! 市場価格は大体1万5千円前後って~感じの超リーズナブルなエレキ♪ たまに1万円を切っている掘り出し物に出逢うこともありますね~
それがこのLes Paul SL↑、写真のこの個体はモディファイ品ですが基本r的には市販品もほぼ同じ感じです。
シングルコイルPUPが2発、コントロールはVolとTone、セレクタースイッチと実にシンプル。さらに泣かせるのはビンテージ・ライクなバタスブリッジが採用されていることですね~ これは単純にパーツコストを下げるためだけなのかもしれませんが、ビンテージギブソン好きの僕としては実に嬉しい仕様ですネ♪ コストを下げるためにボディ厚を極端に薄くしてあるトコロも軽量ボディ好きとしては有難い仕様。さらにデタッチャブル・ネックなので、もしネックトラブルが起きても他の個体から簡単に移植できちゃいますから。。。 そしてこのギターの最大の魅力は極薄の塗装! 勿論これもコストを下げるためなんでが、カラー・リフィニッシュ好きの僕からすれば夢のような仕様のギターなんです。ホント申し訳程度に吹いてある塗装なので、このままオーバーラッカーしてもOKだと思います。シーラーを吹く必要もないでしょうネ♪
そして肝心な音なんですが、僕は一度試奏した時ほんとビックリしました! シングルなのに音がめちゃ太いんです。それも結構使えそうな音なんです。音だけ聴けば、まさか1万円ちょいのエレキだとは誰も思わないでしょうネ♪
最近巷ではネックを熱処理したローステッド・ネックを載せたストラトタイプのボディが流行っていますが、初心者さんにはギブソン系のこのミディアム・スケール(314)のテンションが上達の手助けをしてくれるんじゃないかと個人的には考えます。正直いうとこのギターはビギナーさんより高いギターを使っている人にこそ手にして欲しい一本ですね♪
このレスポールSLはカラバリが豊富なんですが、個体によってマットな極薄仕上げのものと一般的なグロス仕上げものがありますから買われる場合はよくチェックすることをおススメしますネ♪
ま、とにかく改造ベースには最高のギターだと思います。


ロレックスじゃないよ、オメックス
今人気のギャグ腕時計のお話:2021年6月14日投稿記事


サウンドハウス


▼今は電子書籍の時代、月980円で読み放題↓kindol unlimited

老眼でもデジタル本なら超ベンリ! 月に何冊も本を買ってる人にはおススメですね~

今や読書はデジタルが当たり前! 読み終わった本の片付けや処分も必要なし! どうしても手元に置いておきたい本だけ今まで通りの「紙の本」を買えばいいんです!
本を整理できると部屋が広く使えますからネ~


———- スポンサーリンク ———-


上記リンクはアマゾンアソシエイトを使用してます。