モズライトのリフィニッシュ♪ キャンディアップルにでも ~ビブラミュート

若い頃は楽器仲間も引くぐらいモズライトにこだわってたんですが、もうここ10年位は「取り敢えずモズライトの音が出るならOK!」って感じなんです♪ 実際現在はUSAリイシュー(ネックはフィルモア)と黒雲エクセレントを自分で3PUPにモディファイしたヤツの2本しか持ってないんです。それもどちらもPホワイトネ♪
で、5年位前から「どっちか赤で塗るかや~?」って考えてたんです。若い頃は思い立ったら、、、って即実行!って感じだったんですが、年々尻が重くなってきちゃって、、、 なんだかんだ一日延ばしで現在に至るわけです。勿論、白のままです♪  ところが今日、ちょっと納戸の中で探し物をしてて、、、
こんなモノ↓が出てきちゃったんです。そうモズライトのホワイトのピックガード。
言い訳ではないんですが、さっきお話した「一日延ばし」はピックガードが関係してたんです。CARに塗り替えるんなら、やっぱピックガードは白に載せ換えたいな~って
しかし僕の記憶では10年位前にホワイトピックガードは売却したことになっていたんです。つまり、リフィニッシュするならピックガードを1から作らないといけないから、面倒だな~って。。若い頃かなりの枚数ピックガードを作ったんですが、ほとんど知り合いの看板屋さんにタバコ数個のギャラでカットしてもらってたんです。それでも自分でも何枚かは作ったんですよ~ モズライトのPガードってほとんど出回ってないし、個体差がめちゃめちゃあるからピッタリ!って~のがなかなか無いんですよ~ 今回出て来たPガードは確かオークションか何かで手に入れたReモノだと思うんですがハッキリ憶えてないんです。
黒雲のボディはUSAと比べると多少スリムなので今回のピックガードを取り付けるとしたら、多少外周に手を入れないと、、 もしその黒雲が64年モデルなら多少ピックガードが大きくてもそのまま取り付けちゃうんですがネ♪ ということで今回はUSAリイシューをリフィにニッシュすることに決めました。 塗装するにもイイ季節になって来ましたからネ~ とにかく寒くなる前に仕上げたいな~って考えてるんです。ちなみにこのピックガードも現在のべっ甲と同じくジャック付近にパッシブファズを着けていた時の穴があけてあります。
モズライトのリフィニッシュで悩むのが「どのパターンで塗るか?」なんです。まぁ~モズライト限定ってことではなく、バスウッドボディのリフィニッシュ!ってコトですね~ 昔、黒雲モズライトの塗装を全て剥がしてリフィニッシュしたことがあるんです。ギターの塗装はそれまでにもストラトを10本以上塗り直した経験があったので、モズライトも普段通りの段取りで作業したんです。 しかし!! 塗り直す前と音が全く変わっちゃったんです。。 それもダメな方に! そう、バスウッドっていう木材はみなさんもよくご存知のようにかなり柔らかい材なので、ギターとして出来上がって何年も経過している固体の音は木材と塗装が一体化して出来上がったサウンドと言っても過言ではないんです。リフィニッシュは勿論、シーラーから下地・カラー・トップコートまでしっかり時間をかけてN.ラッカーで仕上げたんですが、完成した時の音は実に腰の抜けたサウンドになってしまったんです。勿論、その後やり直したんですが、、、
2度目の時は土台だけはポリで硬めに仕上げトップコートのみラッカーで吹きました。それでも何かイメージが、、ってことで何回も吹き直しましたね~ 確かサンバースト→ホワイト→ブラック→ホワイト→キャンディアップル→ホワイト→メタリックレッドだったような記憶が、、、で最終的にボディのみ売却しましたんです♪
ということで今回のリフィニッシュは全部剥がさずに下地カラーの手前で止めようと考えてます。なんたって現時点でのサウンドがかなり気に入ってますからネ~ じゃ~塗るなよ!ってコトですが、、 やっぱたまには気分転換も大事ですから。。
今までの経験で、ギターをリフィニッシュすると毎回運気が上がるんですよ~ この3年位 赤字が続いてるんで、そろそろ仕事運を一気に急上昇させたいんですよ~ CARっていうかやっぱレッド(金赤系)って縁起良さそうじゃないですか~
そういえばさっきのこの写真↓
昔、国産モズライトを電通が扱ってた頃にホワイトボディにホワイトPガードのヤツがカタログに載ってたんですよ~ ちょっと懐かしく感じました~♪ もう30年位前のカタログでしたが、当時最下位モデルが確か85,000円でヘッドにはまだAvenger(アベンジャー)のロゴがプリントされててトラスロッドカバーがありました。で、僕は初めてのモズライト(国産)を買ったんです♪ 当時、自分としては「清水の舞台、、、」って感じで定価18万円のサンバーストを買ったんです。勿論、ラッカーフィニッシュ&ビブラミュート! 確か僕が買ったモデルが国産で初めてのビブラミュートだったと思います。まだ斜めmosriteロゴの下 of California(オブ・カリフォルニア)が入ってないヤツねです。ただヘッドはしっかりオブカリになってましたが。。
ちょっとマニアックなお話ですが、当時の国産「The Ventures ロゴ 」は「E」と「S」がくっついてましたから、一発で国産ってバレちゃってました♪ その頃からです、僕がモズライトにこだわり出したのは。。 当時、モズライトのクラブに入っていて、参考になるオリジナルのビンテージモズライトをいつでも見ることができたので毎回採寸させてもらってました。ネジとかトグルスイッチの位置とか、、 で、娘が生まれた頃に初めてのUSAを買ったんです♪ セルバインディング&セットネックの63年モデルね! 確か当時の定価が55万円でした♪ 勿論、しっかりローンを組んで、、、 10年ちょっと使ってましたがその後売却しました。
最近、サーフミュージックをやる時はコイツ↑を使うことが多いですね~ そう、BURNS(バーンズ)です♪ コイツ、ほんと弾き易いんですよ~ 多少トレモロににクセはありますが、、


昭和40年代ファーストマンカタログの表紙


—–【アマゾン・スポンサーリンク】—–



※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-


————————————————-

メンズサプリなら
MENZOOで決まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です