MUSON(ムソン)アクションカメラMC2 の雑音の原因!

使い始めてそろそろ2ヵ月になる中国製のアクションカメラMUSON(ムソン)MC2。特に何の不具合も無く重宝してます♪ 勿論、価格を考えた上でのお話ですが。。。 そのアクションカメラ、僕はほとんど車載撮影で使ってるんですが、MC2には手ブレ補正機能は無いんです。なのでハスラー室内のルーフパイプを利用してがっちりクランプさせているので映像のブレはかなり抑えれていると思うんです。しかし、外部マイクが使えないMC2ですから集音は本体内蔵のマイクをそのまま使ってるんです。まぁ~走行音だけなら音質が悪い内蔵マイクでも雰囲気はお伝えできますからネ♪ しかし、どんなにしっかりクランプして振動対策してもカチカチっていう音が入っちゃうんです。もうこれは本体の中のパーツが緩んでいるか何かしかないと思ったので、今日バラシてみました。
中華カメラは内部が多数のネジで固定されているヤツが多いんですが、このムソンのMC2は基本的にネジ4本だけでした。ただ液晶パネルを外すのに多少コツが必要かな、、、
液晶の配線は基盤と分離できるのでラクなんですが、ハードな使い方をするアクションカメラとして考えると、ちょっと心配な部分ですね~
配線は基板側のソケットにガッチリはまるようになっていて透明のテープで抜けないように固定してありました。ハズした後も再粘着OKでした♪
で、肝心のカチカチ音の原因になるようなトコロは見当たりませんでした。しかし、諦めて組み立てようとした時に判明したんです。あまりにも意外なコトが原因でした。それは本体上部にある撮影開始ボタン(シャッターボタン)とサイドにある2つの設定ボタン(カーソル移動用)のキャップだったんです。これが走行時の道路段差や振動でカチカチ鳴っていたんです! これもっと柔らかいゴム質のキャップなら良かったのにネ~
で、結局ガムテープを貼って無事解決しました♪ どんなに揺すっても以前までのカチカチ音はでなくなりました~!!
バラしたついでに外部マイクが使えるようにマイクジャックでも付けようとも思ったんですが、まぁ~撮影と同時にシャベリが必要な時はPCMレコーダーを使ってるんで、今回は見送りました。。。 今回、本体をバラしてみて一番ビックリしたのは、想像以上にシッカリ作られているということです。考えてみればPC関係はほとんどが中国製なわけですから、驚くようなコトではないですよネ! 中途半端な日本製よりほんとシッカリ作ってありました。基盤の電子パーツもビッシリつまってました!
ただひとつこのアクションカメラ本体だけでは何ともならないコトがあるんです。それはレンズですね~ 普通に室内や晴天の野外なんかで撮影するだけなら特に問題は無いんですが、車載撮影の際はどうしても室内の暗さが基準になってしまうので肝心の車外の景色はガッツリ白飛び&黒つぶれのオンパレード! なので車載撮影には「NDフィルター」は必須ということですね~ せっかく各種アクセサリーと予備バッテリーまで付いて約8千円だったので、手は出したくなかったんですが。。。 しゃ~ないので今日ポチってしまいました~ 約900円でした! ちょっと負けた気分で何か悔しいですね~♪(笑)


———-  スポンサーリンク  ———-

===========

GoPro HERO6

===========

===========

※上記の商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。


スポンサーリンク




————————————————-

まだ間に合う! 男のサイズアップ計画!!

個人差はあっても基本的に年齢は関係無いようで
40代・50代での成功者が続出している事実
★3ケ月前後で効果を実感する方が多いようです。
愛飲している私の仲間内でも成功者続出。
私は今月5ヶ月目に突入しましたが、はっきり
違いが出てきたのは2ヵ月半辺りですね!
※直接の原因ではないかもしれませんが
更年期障害(男性)中の知り合い(55歳)は
効果の出方が遅いように思います。

————————————————-

★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です