独りでライブができる♪ ~DITTO LOOPER ルーパーの使い方

tc electronic  DITTO LOOPER
コレ↑は僕が愛用している TCエレクトロニックのルーパーです♪ たぶん市販されているルーパーの中で一番操作が簡単でコンパクトなんじゃないかと思います。「ルーパー? 何それ?」っていう人もおられるかもしれませんので、少しご説明しますね! まぁ~カンタンに言えば「レコーダー」みたいなもんです♪ 例えば、最初にフットスイッチを踏んで(ON)曲のコードをジャラ~んと弾く、ルーパーがその演奏を録音してくれるんです。次に今弾いたコード演奏を再生しながらベースパートとかリードパートを演奏するんです♪ ルーパーに記録したいだけ音を重ねていけばイイんです。マルチレコーダーみたいなもんですが、もっとラフでカンタン! さっきの工程をフットスイッチ操作だけでステージとかストリートライブで出来ちゃうわけですから、ワンマン・パフォーマンスには強い味方ですね~♪

僕はこんな感じ↑で 普段使ってます。パンドラミニとルーパー、あとはピグノーズアンプがあればちょっとした宴会でのプチステージはこなせますから。。。 重宝しているルーパーですが1つだけザンネンなことは、このDITTOルーパー小型過ぎて本体にバッテリーが入れれないのでACアダプターでの電源供給になっちゃうんです。まぁ~普段足元にエフェクターボードを置いている人にとっては全く問題ないことなんですが。。。

DITTOルーパーを使ってマイティジャック↓↓


僕はYoutubeチャンネル内でもこんな感じでDITTO LOOPERをよく使って弾いてるんです。

パンドラ・ミニ → ●ルーパー → ●GOミキサー → ●iPhone 6sPlus(セルフカメラ)

パイプライン・ツインリードをやってみました♪


【 DITTO LOOPERの操作方法 】
★フットスイッチONで最初の録音
演奏が終了したら再度フットスイッチを踏む
録音された演奏が再生される♪ ★もう一度踏むと録音が始まる。やり直す場合はフットスイッチを長踏みすると、直前の録音内容だけ消される。フットスイッチを2回早踏みすると録音内容の頭部分に戻る。もう一度踏むと再生開始。さらに踏むと録音開始♪ 2回早踏みした後さらに長踏みすると全ての録音内容が消去される。

 


フリードに5年乗ってみての感想
第2ブログでネ♪
————————————————-
スポンサーリンク


※このリンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-
ゴーゴーエレキ7月号♪


————————————————-
★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です