GOGO HUSTLER! ~MR41S

GOGOAKKUN-HUSTLER B-127


ハスラー・ミラーカバー
※スズキ純正パーツ / アマゾン参考リンク


スマートキーのカバー↑はいつも納車される前に準備していますね~♪ 以前乗っていたフリード(ホンダ)の時も同じ本革使用のモノを使ってました。本革製は質感はイイんですが厚みがかなりあるからポケットに入れるとちょっとちょと、、、
最近はTPOに合わせて薄いシリコンケースも使ってます。価格が安いので気分によって着せ替えるのもアリですね~

シリコン・キーカバー ※アマゾン参考リンク
※詳しくは販売業者様にご確認ください。



クルマを買うと毎回悩むのがハンドルカバー♪ スマホのケースと同じで最終的に落ち着くまでに何個も買っちゃうんですよネ~写真↑のカバーは現在使ってるハセプロ。なんだかんだでいつもハセプロで落ち着きま。ハセプロは少しキツめなんですが装着してからズレたりたわんだりしないからイイんですよね~ 先日Youtubeチャンネルでも少しお話しましたが、知人に貰ったイエローのハンドルはちょっとだけハデで、、、30分で戻しました。
イエローでもちょっとだけ↑ニュアンスが違ったんです♪♪♪

ハセプロ・ハンドルジャケットNEO Sサイズ
※アマゾン参考リンク↑

自動車が盗まれる前にシッカリ対策! マンションやアパートよりスマートキーと駐車場との距離が近い一軒家の方が被害に遭いやすいんですよ! 「リレーアタック対策は今や必須」
僕は外出先から戻ったらキーをボックスタイプのヤツに入れてるんですが、ポーチタイプの方が売れているようですネ~
←電波遮断ポーチ  ※アマゾン参考リンク

朝起きたら「車が無い!」なんて~のは絶対避けたい!!
☆スマートキーをアルミホイルで包んだり、お茶の缶の中に入れておくだけでも電波は遮断されます。ただどれも完全に遮断できるかは判りませんよ~ 遮断ポーチでも100%安全とは言い切れませんが、間違っても中途半端な安いヤツだけは信用しない方がイイと思いますよ~ 盗まれたあなたの車は数日後には船の上でしょう。。。 盗まれたら100%戻ってこないらしいです。


「新型ジムニー」という呼び方もそろそろ、、、
2019年に僕もディーラーさんで納期について訊いたコトがあるんですが軽のJB64で1年、シエラJB74は1年半~2年と軽く言われてしまいました。それもかなり強気の、、、
普通のクルマのような「値引き交渉」とかの次元ではありませんでした。しかし、決算時期ということもあってか多少納期は短くなっているようで、運がイイと7ヶ月程度で納車されることもあるようです。僕は起業する前の約19年間機械メーカーに勤めていたから判るんですが、人のモノに対する「熱」って長く続かないんですよね~ 購買意欲を煽った「予約受付中」なんて~のもホドホドにしないと、、、 かく言う私も新型ジムニーへの「熱」は発売当時の3分の1程度になってしまいました♪
とは言っても、やっぱ欲しいですけどね~♪ しかし注文して1年、その間「絶対ジムニーに乗るんだ!」というモチベーションがキープできるのか? 正直自身はありません。新しい特別仕様車が発表されたり、他社からメチャいいヤツが出たり、、、 想像しただけでちょっと怖いんですよ~♪

ボディカラーはジャングルグリーンが人気あるようですが、個人的にはラインナップの中でシフォン・アイボリーっていうヤツが好みですね~ ホントはイエローがあればうれしいんですが、新型ジムニーのイエローは「キネティック・イエロー」っていうちょっとライムな感じの黄色なんですよネ~↓

下の画像はCG合成ですが、こんな感じのイエローがあればうれしいんですが↓


新型ハスラーのアクティブ・イエロー↓は大好物ですネ~♪
でも、やっぱハスラーはこっち↓が好きです♪


SUZUKI HUSTLER 4WD-TURBO / J-STYLE2
4WDスイッチ操作(グリップコントロール他

ハスラー・リモコン電池の換え方

リアバンパーガーニッシュ下25mmの位置でカットしました(2018.  9月:作業内容は第2ブログに記事掲載)
SEEKのバンパーエフェクトを装着したデザインも結構気に入っていたんですが、その後ルーフキャリアを載せたことによってリア全体の見た目がゴツくなり過ぎてしまったので、今回思い切ってバンパーエフェクトを取り外したんです。ついでにデパーチャー・アングルを少しでも確保するために純正バンパーの下部分をカットしました。正直に言うと、単に今履いているMTタイヤ(トーヨー・オープンカントリー)のゴツゴツ感を目立たせたかっただけなんです♪

気になる新型ジムニーJB64(↑写真はJB74シエラ)についてはギター仲間でもよく話題になるんですが、発売当初よりは納期が多少早くなっているようです。勿論、僕がハスラーを商談している時、1000cc版(XBEE)やジムニーのモデルチェンジに関しての情報は多少入っていたんですが、当時乗っていたホンダ・フリード(FREED)の車検も迫っていましたし、なによりハスラーのルックスが気に入ってて、商談の1年以上前から購入を考えていたので他の車に浮気する気持ちは全くなかったんです♪
1年乗ってみて、、、 結果、「ハスラー」を選択したのは正解だったと思います。やっぱクルマは日常の足として使うのが基本ですから。。 僕は現在、名古屋(地元)に住んでいるんですが、29年間住んでいた三河(豊橋)にずっと居たとしたら、ジムニーを選択していたかも知れませんネ♪
★あと数年は現在のハスラーに乗り続けると思いますが、次のクルマはおそらくジムニーにすると思いますネ~
その頃には発注後の納期も普通の車と同じ位にはなっているんじゃないかと、、、 ※現在は7ヶ月~1年だそうです。シエラは1年半らしいです。


2017年7月末、最寄のスズキ代理店でJスタイル2を契約しました。ご存知の通りハスラーは人気車種ということもあり、ピーク時の納期が3、4ヶ月なんていうのは当たり前でした。部分的なマイナーチェンジはあっても基本的には発売当時とほとんど変わってなく僕が契約した時には既に4年選手のクルマですから納期もそんなにかからないと思っていたんですが、1ヶ月半かかりましたね~♪ 前車のホンダ・フリードも人気車種だったんですが、納期は1ヶ月かかりませんでした。
今回僕が買ったハスラーはJスタイル2という特別仕様車で、4WDのターボ仕様。設定としては一番上のグレードになるわけです。まぁ~誰も売却する時のことを一番に考えてクルマを買うことはないとは思いますが、何だかんだ言っても自動車も消耗品ですからいつかは手放す時が来ますから、極端に低いグレードは選ばない方がイイと思いますね! ちなみにこのハスラー購入で下取りに出したフリードは新車価格(車両)が約210万円でしたが、5年乗って115万円で買取りしてもらえましたから、かなり助かりましたよ! ディラーオプションを入れて総額約220万円なので追金は105万円でした。この金額がどうか?ということは人それぞれですから。。。
購入時に使ったお金だけで済まないのがクルマっちゅ~もので、、、 写真 ↑ でもお判りのように納車後もいろいろ着けちゃうんですよね~ 1.メッキカバー関係(社外品)、2.リアテールランプ(社外品)、リアバンパーガード(社外品)、ルーフキャリア、等などこれだけでも10万円近くになりますからネ♪ ★僕はリフトアップ(3cm)とキャラメルタイヤは納車前にディーラーさんでやってもらったので総額220万円の中に入ってるんです。
約1インチちょいのリフトUPでタイヤも標準タイヤと全く同じ165/60R15ですから最低地上高自体はノーマルと変わりませんが、やはりボディが1インチ上がるだけでも見た目はかなり変わりますし運転席のアイポジションは結構高いですよ~ ご存知の方も多いと思いますが、ノーマルのハスラーはフロント側が多少お辞儀してますから、インチアップしたことによりフラットになったって感じですね~ なのでリアのUP量はフロント程ではないんです。一応リアのラテラルロッドは装着されてます。★タイヤはほとんどルックス重視で決めました。TOYO(トーヨー)のOPENCOUNTRY(オープンカントリー)ってヤツで、見た目はかなりワイルドなんですが乗り心地は意外にソフトなんです。とは言ってもやはりオフロード用のキャラメルですからノーマルよりはゴリゴリしますが。。。 四駆に乗ってるって気分にはなりまよ! ハスラーの指定タイヤ空気圧は2.5なんですが、正直そのままだと乗り心地は最悪! なので僕は普段2.2にしてるんですが、たかが0.3落とすだけで乗り心地は格段に良くなるんですよ~ ハスラー乗りの人は一度お試しあれ! ※個人責任でお願いします。

 —-スポンサーリンク—-
TOYO OPEN COUNTRY
165/60R15
※この商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。
   —-スポンサーリンク—-
エアホークプロ
コードレス式電動エアコンプレッサー
※アマゾンアソシエイト使用。

僕が住んでる名古屋でも年に1、2度 雪が積もることもあるんですが、数日続くなんてことはまぁ~滅多にないんです。なので毎年冬になるとスタットレスタイヤをどうしようか?悩んでたんですが、近年は簡易型の樹脂製チェーンを常備してあるんです。普通のチェーンと違って取り付けも超カンタン! 雪道以外に、ぬかるみなんかでハマってしまった時なんかでも使えるんですよ~ 使い捨てタイプなんですが数キロ程度の走行なら数回持つようです。僕はこの簡易チェーンともっと簡単なタイラップ式の2種類を常時クルマに乗せてるんです。これだけで「もし、、、」の時にも安心ですから。。。 なんたって安いし♪♪♪

 —-スポンサーリンク—-
非金属簡易スノータイヤチェーン
※この商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。
   —-スポンサーリンク—-
簡易型(使い捨て)タイラップ式チェーン
※アマゾンアソシエイト使用。

先日の関東での大雪もコレがあるだけでかなり違うと思うんですが。。。  雪道走行で意外に誤認してる人が多いことの中に、四駆(4WD)車は雪道でも走れる! って思ってることなんです。答えは勿論「NO!」です。四駆だろ~とノーマルタイヤなら滑ります! 勿論、オフロード用のゴツイやつでも同じです。滑り出せば車重の重いオフロードカーの方が怖いんですよ! 僕は若い頃TOYOTA(トヨタ)のHILUXSURF(ハイラックスサーフ)に12年(計2台)に乗ってたんですが、スキーに行く時はいつもチェーンを使ってましたよ! 勿論、スキー場が近くなってから装着するんですが、途中の凍結路面で怖い思いをしたことは何度もあるんです。一度でも雪道で滑った経験のある方なら、チェーンやスタットレス未装着で雪道を走るなんて自殺行為はしないと思うんですが。。。
これ↑、僕が10年乗ってたV6のサーフ。130系っていわれるヤツです♪ ガチガチのラダー構造ですから、トラックの車体に運転席が乗せてある!って感じの車です。とにかく丈夫な車でした。後半はかなりいろんなトコロで前後ゴッツン!してましたが、多少バンパーが凹む程度で。。。 4WD車って、キズがつき始めると愛着がわいてくるんですよね~ このサーフを10年乗ったのもやっぱ大好きなクルマでしたから♪ 信号で停車中、後ろから60Kmノーブレーキで突っ込まれたことがあったんですが、追突してきたセフィーロはグチャグチャで軽サイズになってましたが、僕のサーフはトランク部分が軽く蛇腹状になった程度で済みましたからネ♪ 警察の人に「普通の乗用車ならおたく大変なことになってたと思いますよ~」って言われました。背面キャリア(スペアタイヤ)も衝撃をかなり緩和してくれたようです。もう20年前のお話ですがサーフの修理代は確か120万円だっと記憶してます。10:0ですから僕の出費は0円ですが。。。サーフの入院日数は1ヶ月ちょいでしたね~ ボディカラーがワインレッドだったので、さすがに色の合わせ部分はよく見ると判りましたね。その事故から3年ちょい乗って、HONDA(ホンダ)のHRVに乗り換えたんですが1年半後に程度のイイ中古の185系サーフ(水色)を買ったんです。しかし自分の中での4WDブームも終演を迎え、2年後に日産キューブに乗り換えました。
ハスラーって僕が乗ってたキューブに似てるんです♪ なんかマヌケな感じのこの顔が好きなんです。カーキーカラーの僕のハスラーでも信号待ちなんかで女子によく見られますから、ポップなオレンジとかイエローに乗ってる人はイイ意味でジロジロ見られちゃうんでしょうね~♪ クルマに詳しくない人にも「かわいいクルマだね~」とか「このクルマ、知ってる!」って、よく言われます!
SUZUKI HUSTLER  J-STYLE2 / 4WD TURBO (MR41S)


—-スポンサーリンク—-



 

売ってないなら自分で作る!