超軽量だからライブもラクラク! ギブソンSG ~Gibson

Gibson SG special faded brown
gibsg1018a先日、知り合いのバンドの助っ人に行ったお話です。
そのバンドのメンバーが急病で予定していたライブに出れなくなったらしく、ライブの2日前に「助っ人依頼」の連絡があったんです♪ ライブと言ってもちょっとしたイベントで7、8曲演奏するだけですし、普段僕がよく弾いている曲ばかりだったので快く引き受けました!
ただ問題がありまして、ライブとなると勿論ギターはストラップで肩にぶら下げるわけなんですが、先月から左肩の調子が悪く多少痛みがあってエレキの重量は正直辛いものがありました。 当日演奏する曲にはストラト系のギターがベストなんですが・・・ 僕のストラトは特別に重いわけではないんですが3.6kgあるんです。  本当はストラトより僕が一番信頼しているアライの1702T(重量2.8kg)がベストなんですが、たまたま今フルメンテナンス中でネックや配線系も全て外してあるんです。
で、今回のライブに同行したのが今年の正月に買ったギブソンのSGスペシャルなんです!
コイツは1702Tと同じく本体重量が2.8kgで肩に超優しいんです♪♪♪
ギターをやらない方には判らないかもしれませんが、ストラトの3.6kgとSGの2.8kg その差は800gなんですが、五十肩の僕にはこの0.8kgはゼンゼン違うんですよ~
写真でお判りだと思いますが、僕のSGは基本的にはノーマル状態なのでトレモロは搭載していません! なので演奏方法はストラトでアームをかけてやる時と違い多少アレンジして演奏しました。 リズムギターではなく今回リードでの依頼だったので・・・
gibsg1018b
gibsg1018c

本体重量もですが、ギブソンSG も1702Tと同じくボディの厚みがメチャ薄いのでホント助かりましたね~ 今回はアンプは持参せず現場のフェンダーを使いました。 で、ブースターとして使うっていうより補助的なプリアンプとして使うためにボスのSD-1Wだけ持って行きました! これも、大正解でしたね~ 現場のアンプの高域がかなりチリチリした感じだったんですが、SD-1WのDRIVEを絞ってトーン調整用に使ってバッチリでした!
今回ドライブはゼロでしたがCモード側でやりました。

Gibson SG special 2016 faded brown
pickup(alnico) : 490R  –  490T
Boss SD-1W / wzacraft  overdrive

————————-スポンサーリンク ———————-


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です