ストラトの音が微妙に変わる! ~ やっぱ、冬はフルアコかレリック・ストラトですね~♪

———- スポンサーリンク ———





最近ちょくちょく登場してます黒のストラト♪ ネックやピックガード等パーツの組み合わせは時々替えるんですが、なんだかんだでコイツとの付き合いは10数年になるんです。特にボディ鳴りがイイとか枯れた音がするとか特筆できるようなものがあるわけでもないんですが、なんか手放せないんです。まぁ~自分でオーバーラッカーしちゃってますから楽器としては高値で売れませんしネ!
この写真↑昨日までのものなんですが、今日ちょっとだけ手を加えました! 僕は若い頃からストラトにはよくやってたコトなんですが判ります↓
まぁ~一目瞭然♪ですよね~
そうです、センターピックアップの上部分にネジが打ってあるでしょ~ 何でこんなトコロにネジ?って思うでしょ~ これには、一応自分なりのコダワリがあるんです。ストラトってご存知のようにピックアップやコントロール部のキャビティがザックリ座ぐられてるでしょ~ それとバックのスプリング部、冷静に考えるとストラトってレスポールと比べると空間だらけでしょ! それがストラトが持ってる微妙なアコースティック感につながるわけなんです♪
で、今回のようにこの部分↑にネジを打ちピックガードをボディに密着させることによって生で弾いた時の音が格段に大きくなるんです。ボディ鳴りはピックアップのサウンドに大きく影響しない!っておっしゃる方もおられますが、確かに小音量で部屋弾きする位なら違いは判りません! しかしスタジオなんかでそれなりにデカい音で鳴らすと微妙に違うんですよ~ 特にセンターPUPのサウンドが、、 僕がストラトにネジを追加するようになったは30年前ムスタングを買ってからなんです。ムスタングですから、、、年代的に勿論チャーさんは好きなんですが、僕がムスタングを買ったのは「モト冬樹さん」の影響なんです。まだビジーフォーじゃなくて「いそがしバンド」っていうバンド名でバラエティー番組に出てたんです。当時高校生の僕は思ったんです、「このムスタングの人、上手いな~、、」って! ストラトとは全く違うスプリング感ムキ出しの独特なサウンドにやられちゃったんです。しかし当時学生の僕にはカンタンに手が出せる代物ではなかったですからネ~ 80年代になってフェンダージャパンがMG69を出してくれた時は即行で飛びつきましたよ~♪
ちょっとお話が飛んでしまいましたが、ムスタングはピックガードの中央部分にもしっかネジが打ってあるんです。シンクロトレモロのストラトとは基本的に構造が全く違うんですが、ピックガードのこの部分をボディへ密着させればスプリング感が強調されるんじゃないか?って、、 で、実際やってみると微妙に心地良いんですよ~ ボディの振動が! まぁ~単なる自己満なんですが、これをやると確かにピックアップのキャラクターがハッキリ前に出てくるように感じるんです。
とは言っても、高価なモデルリイシューなんかにはやってませんでしたが。。
以前にも少しお話しましたが、僕は寒い季節になってくるとフルアコやストラトをよく使うようになるんです♪ コタツで一杯やりながら生音で弾くのが結構好きなんですよ~ ストラトはほんと普段もアコギ代わりに使ってることが多いですね~
とにかくストラトはレスポールと違いネックの仕込み角がほとんどありませんから頑丈で気楽に使えるとこが好きなんです!
対照的にコイツら↑はかなり神経質なギターなので気を遣いますネ~ ベンチャーズ好きの僕としてはやっぱコイツらは夏に出番が多いですね~ このモズライトたちも結構長い付き合いなんです♪


ギターDIYの目次(当サイト内)
自分でやるボディ塗装とレリック加工のお話♪


—–【アマゾン・スポンサーリンク】—–



※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-


————————————————-

メンズサプリなら
MENZOOで決まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です