ギターアンプ用のACアダプターは純正品じゃないと壊れる!?

近年のミニギターアンプは価格の割りに内容が充実したモノがホント多くなりましたネ~ まぁ、スタンダードな言い方をするなら「コスパがいい!」ってヤツです。僕もミニギターアンプ、特にバッテリー式のGアンプにはホントお世話になってるんです。
これ↑は、毎度お馴染みのローランド・マイクロキューブGX♪ 初代モデルから買い換えたんですが、もう5年位使ってます。現場では、「あっちに転がりこっちでぶつけて、、、」ってかなり酷使してますが、キューブは頑丈にできてるんで全く問題無い!って感じで今まで不具合が出たことは一度も無いんです。そのマイクロキューブ、普段は充電地(パナソニック・エボルタ)を使ってるんですが、バッテリーの減りを気にしたくない時はACアダプターを使うんです。 ↓純正アダプターPSD-100
今日はそのACアダプターについてのお話なんです♪ もうかなり前のことなんですが、ギター仲間から「ACアダプターって、純正じゃないとダメなの?」って訊かれたことがあったんです。 単刀直入に言うと、純正の方が無難です♪かな~ 勿論、社外品がダメってことではないですよ~ 電圧・電流共純正品とほとんど同じなら普通に使えるんです。その電圧(V)・電流(A)についても使う機器、つまりギターアンプ側にも多少ゆとりを持たせてありますから一般的には20%前後数値が違っても特に問題が発生することは無いと思います。※経験に基づいたお話ですので一概には言えまが参考までとご了承ください。
ローランドPSD-100↑の出力は5.7V・2.0Aなんですが、僕はたまにELPA製のアダプターを使うことがあるんです。このELPA ACD-060の出力は6.0V・1.0Aで電圧に関しては多少オーバー、電流についてはPSDの半分しかないんです。結構な頻度でこのELPAも使うんですが大丈夫なんです。なんでELPAを使うか?っていうと、かなり小さいんです!
写真↑向かって左がELPA、右↑が純正のPSD-100。 ネ、かなり違うでしょ~♪ コンセントで邪魔にならないからつい使っちゃうんです。しかしコレ、あまりおススメ出来ないんです! 問題なのはELPAの電圧ではなく電流の方なんです。ACアダプター側の出力電流がつなぐ機器より大きい場合は全く問題ないんですが、僕がやってるパターンはその逆ですよね~
解り易くお話しすると、アンプがアダプターの出力以上を要求してるわけですから、アダプターが必死こいちゃうんです! つまりアダプターが壊れちゃうこともあるんです。社外品のACアダプターを買う場合は出来る限り電流(A)が少し高めをものをチョイスした方がイイですね~ 電気街なんかでジャンク扱い品として激安で売られているアダプターは電流が低いものが多いんです。
昔のACアダプターと比べると近年のモノはかなり小さくなってますよね~ ご存知の方が多いと思いますが、現在ACアダプターはほとんどのモノがスイッチング方式を採用した「トランスレス構造」なんです。スイッチング方式にすることで常に安定した電圧をアウトプットできトランスが無い分アダプター本体を小型化できるんです。つまりハウジングなどプラスチック材料も少なくできるわけですからかなりのコストダウンが図れるわけなんです。そんなスイッチグ方式、単純にイイことばかりではないんです!実は昔ながらのトランス方式と比べてスイッチング方式を採用したアダプターはノイズが多いんです。「高周波ノイズ」ってやつね。
社外品をよく使ってる僕が言うのも何なんですが、ACアダプターは出来れば純正品を使った方がイイんです♪
しかし純正品って結構値段高いですよね~ キューブに関しては標準付属されていますが、最近はアダプター別売っていうパターンもありますからね~ しかしアダプターは本体サイズや値段の違いだけではなくメーカー純正品はそれなりの作りになってるんです。キューブ純正のPSD-100とELPA ACD-060 この両者を使い比べてみると、PSD-100の方が圧倒的にノイズが少ないんです♪ っていうかELPAはめちゃノイズが多いんです。小音量で鳴らす場合やキューブからの距離がある程度離れている時はさほど気にならないんですが、机の上なんかでちょっと鳴らす時は正直ツライかな~って感じです。
まぁ~ACアダプターを使った時のノイズに関しては、ピグノーズより酷いアンプは無いと思いますが♪(笑) 宴会ミニステージでピグノーズを使う場合は100%電池ですね~ マイクロキューブと違ってピグノーズ(p100r)は電池の消費量が半端ないので現場にはエボルタを必ず2セットは持って行くんです。マイクロキューブは初代から電池が長持ちですからACアダプターは必要ない!って言われる方が多いんじゃないかと思います♪
まぁ~細かいお話もしましたがACアダプターに限らず純正アクセサリーその大きさや値段にはそれなりの理由があるということですね~
楽器関係のアダプター電源といえば一般的に9Vが多いんですが、マイクロキューブGXのように5.7Vなんて~のもありますから、社外品を使う場合はお気をつけください。楽器用モバイルバッテリーの場合も通常のアダプターソケットは9V出力ですからご注意ください。5Vクラスの出力が欲しい場合はUSBからダイレクトにアダプタ変換されるケーブルの方が安全かも知れませんネ♪
 ※ギターアンプに限らず家電品の電源周りの不具合による火災事故は結構起きているようですので、くれぐれもご注意ください。


—–【アマゾン・スポンサーリンク】—–



※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-


————————————————-

メンズサプリなら
MENZOOで決まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です