古い8ミリビデオデッキを買う時の注意! SONY EV-S55・RMT-805

先日第2ブログでお話したソニーの8ミリビデオデッキ用のリモコンが無事届きました。今回ヤフオクで入手したんですが、出費も送料入れて500円ちょっとで済んだので助かりました。出品者さんは女性のようで安い商品にも関わらずホント丁寧に対応して頂いたので久々に「やっぱヤフオクはイイな~、、」って思いました♪
そのリモコンがコレ↑、型番がRMT-805ってなってます。勿論、純正のリモコンですが、今回手に入れたEV-S55 専用のリモコンではなくソニーの中でも汎用タイプなんです。
今回、娘の小さい頃の8ミリ映像をデジタル化するためにデッキを買ったわけで、リモコンを使って細かな設定をするつもりも無いので特に「リモコンが必要!」ってことではなかったんです。
しかし、この画像↑のようにテープカウンターの表示を消すには、どうしてもリモコンが必要なんです。世の中の家電品はほとんどそうなんですが、本体側では最低限の基本操作しか出来ないんですよね~ 取り敢えずこのカウンターのON – OFF さえ出来ればOKだったのでジョグダイヤル搭載の専用リモコンでなくても全く問題無いんです! ただこの汎用リモコンがEV-S55にちゃんと使えるのか?なんていう保障は全くありませんでしたから、実際にリモコンが届くまでドキドキでしたよ~
リモコンの切り換え設定は、デッキの背面にある「リモコンモード」をVTR2(スイッチ中央)、そしてリモコンの右上の切り換えスイッチ↓を同じくVTR2(右端)に
中古テープデッキによくあるパターンが、外観がキレイでも駆動部分のベルト関係がやられているコトが多いんです! なので今回手に入れた四半世紀以上経過している8ミリデッキが何の不具合も無く可動してくれたのは奇跡に近いコトなんです♪ 少しオーバーな言い方かもしれませんが、当時のビデオデッキは寿命が短いモノだと3年位でダメになるヤツも結構あったんです。←これ経験談!僕は若い頃VHSデッキを何台買ったか判らない位買ってんですよ~ 勿論、壊れたからですよ! 当時、8ミリとVHSが同居してるデッキはめちゃ早く壊れましたからネ~
で、本題のカウンター表示↓
これ↑は20年前のうちのバンドのライブ映像♪ こういうライブなんかの映像に関しては特にカウンター表示があっても気にならないんですが、さすがに娘の記録映像には撮影日が入れてあるので、ちょうどカウンターが表示されてるトコロにかぶっちゃうんです。
このライブ映像には撮影日は入れてないんですが、やっぱ何も表示されてないとスッキリしててイイですね~♪
荒いビデオ映像でもやっぱ残しておくべきですね~ このライブの時のバンドメンバーで現在も一緒にやってるのはベースのやつだけなんです。他のドラム、サイドギター、キーボードにはもう何年も会ってないですね~ 当時、愛用してたUSAモズライトの63年モデルも手放してもう15年位になります。当時はまだしっかりサラリーマンやってました! この1年ちょっと後に起業したんです♪
【古いビデオデッキを買う時は、、】———
中古デッキは僕のようにショップで入手する以外にもオークションを利用される方も多いと思いますが、どちらで買うにしてもリモコンはあった方が間違いないですね!
それは冒頭でお話したこと以外にメリットが多いんです。リモコンがあると操作パネルが本体と合わせて2つあることになりますね~ つまり本体の操作スイッチが壊れた時にでもリモコンで操作出来るわけですから、またその逆も。。 とにかく数十年経っている家電品はいつ壊れても何の不思議も無い「綱渡り状態」なわけですからネ♪

ここで1つアドバイス、僕が今回のビデオデッキEV-S55を買おうと思った時、専用リモコンがしっかりセットになっているモノも売ってたんです。ただ、そのショップさんの評判がイマイチだったのと写真がどうも「使い回し」って感じだったんです。ほとんどの人がどうせ中古だから全部セットの方がイイって考えるんですが、メインはデッキ本体なんですから! リモコンは単体で安く出回ってますから。。 特に僕が買ったRMT-805のようなメーカーの汎用リモコンは程度の良いモノが多いんです。逆に 専用リモコンは酷い状態のモノが多いんです。コレクションで買うなら話はベツですが、僕のように取り敢えず手持ちの8ミリテープさえダビングできればOK!という方なら、セットにこだわらず程度の良いモノを別々に入手する方がカタイ買い方だと思いますヨ~

【中古家電を買う時注意すること】———
中古家電をオークションに出品している人は多いんですが、近年のように気軽にネットショップを出せる時代になってオークションとネットショップで同時販売することも少なくないんです。販売窓口が増えるわけですから経営者としては当たり前のやり方なんです。ただココで消費者である私たちが気をつけなければならないことがあるんです。同じ出品者が販売戦力的にA店とB店の販売価格を多少変えているコトもあるんです。勿論、その場合はよく確認した上で安い方で購入すればイイんです♪

★注意その1
商品に「動作確認済み」・「商品写真はイメージです」と記載がある。 この場合、購入後送られてくる商品が傷だらけでボコボコ状態でも取り敢えず通常使用できるなら商法上何の問題も無いんです。 ちなみに今回僕が買ったデッキは信じられない位にキレイだったんです。勿論、26年前のビデオデッキですから多少の小キズなんかはありますよ~

★注意その2
「写真はイメージ」ってなっている場合、まったく関係の無いサイトの情報を記載し詐欺販売していることも少なくないんです。酷い場合は支払い後サイトが無くなるコトもあるんです。今回僕が8ミリデッキEV-S55を買うにあたってネットをかなりチェックしたんですが、アマゾン出品(企業名で出品)とヤフオク出品(個人IDで出品)で同時販売って~のを発見したんです。まぁ~ネット販売で写真の流用なんてことはよくあることですから特に気にしなかったんですが、その写真にキズ位置の説明が記載されていたんです。写真を流用する場合、そのような特定事項部分は消してアップするのが普通ですから、、
それに、アマゾンでの発送元とヤフオクでの発送元が月とスッポンの地域だったんです。これはゼッタイおかしいと思ったので知り合いの警察関係者に話すと「質問してみて、、」って言われたので出品者に確認してみたんです。オークション終了(入札者0)後、ヤフオクは勿論ですがアマゾン出品も削除されていました。この2つの同時出品の価格差は約1万円。写真の削除後の動向から同じ出品者であることは間違いないと思います。
これは今回実際にあった体験談ですが、このようなパターンは今の世の中、日常茶飯事なので特別に珍しいことではありませんが、どうせ買い物するなら気持ち良く買いたいですからネ♪

★注意その3
訪問販売なんかと違い、今回のようにネットで買い物する場合、一般的に言われているクーリングオフは適用されませんのでご注意ください。
率先して自分の意思で購入するわけですからネ! なので、単なる返品行為は出来ないんです。 商品説明の注釈に「商品に不具合があった場合、到着後1週間以内に、、」と書いてある場合は良心的なショップだと思います。今はスマホでカンタンにビデオ撮影できると思いますから、Youtubeレビュー動画撮影じゃぁ~ありませんが、送られて来た中古品の開封時はビデオ撮影することをクセにしておいた方がイイんじゃないかと思います。僕は海外の家電品を買った時は必ず撮ってますよ~
2年前も大型テレビを買って続けて2台不良品でしたから。。勿論、動画も写真を記録しておいたのでショップとのやり取りに使いましたよ~ 売り手がシカトした場合は最寄の警察署のサイバーテロ窓口なんかでちゃんと対応してくれますよ~
ちなみに僕のバンドのベース担当は15年位前に詐欺に遭い90数万円騙されました。ホント、今は他人事じゃないんです。。。
1992 SONY EV-S55 Video8


—–【アマゾン・スポンサーリンク】—–



※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-


————————————————-

メンズサプリなら
MENZOOで決まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です