粘着式アコギ用ピックアップって使えるのか? ★アコースティックギター~ピエゾ

アコギ用ピックアップといってもいろんな種類がありますよね~ まぁ~代表的なところではやっぱPIEZO(ピエゾ)でしょうか!? キレのあるシャープな音なので使い方によってはイイ感じになるんですよね~ ただちょっと音が硬めで無機質な感じがする!といって嫌う方も多いんですよね~ 正直僕もあまりピエゾの音は好みではないんですが、普段使ってるMATON(メイトン)の音は結構好きですね~
で、今日はちょっとこんなモノを買ってみました♪
これ↑はアコギのトップに貼り付けて音を拾う簡易型のピックアップなんです。値段も2,000円なのでちょっと遊びで、、、
実はこういうタイプのピックアップ、嫌いじゃないんです♪ 若い頃使っていたモーリスのW-80っていうアコギにも着けてたんです。その時のピックアップはボディトップじゃなくてホール内からブリッジの真下の取り付けるタイプでした。勿論、それも安いヤツでしたが確かモーリスの純正アクセサリーだったと記憶してます。出力がかなり低くかったのであまり実用的ではなかったんですが、ストラップピンが出力ジャックになってたんで当時は仲間に自慢してましたね~♪ まだ今ほどエレアコが市民権を得ていない頃でしたから。。 当時、アリアだとエレコードとかいうアーチドチップのエレアコがありました。トーカイも確かなんかありましたよ~
で今回買ったピックアップ↑、原理はカンタンでこのピックアップを好みの音がする箇所に付属の粘着材使って貼り付けるだけなんです。
ブリッジの近くやブレージングの上辺りに着ければ硬めのサウンドになるんです。あまり振動の大きい箇所だと少しポコポコサウンドになってしまいます♪ まぁ~音に関しては好みですし、意図的に変なサウンドが欲しい時なんかにはオモシロいと思いますよ~ 僕はブリッジの1弦側上の音が好きですね~ ここに着けると一般的なピエゾとあまり変わらないような音なんですが、実際はこの辺りの音の方が個人的には使い易いと思うんですが、、
70年代中期、僕が中学生の時初めてアコギをエレキ化したのに使ったピックアップもこういう方式のヤツだったんです。僕のギター仲間でも知ってるヤツは一人もいないんですが、当時ソニーがアコギ用のピックアップを出してたんです♪ ボディにクランプして装着するゴッツい仕様だったんですがVolコントロールが付いてたんです。正式な型名は忘れたんですが確かGM、、とかいう名前だったような? 当時、「GMだからギターマイク?ってことかな~」って記憶してたんです♪ 値段も憶えてないんですが、当時名古屋の柳橋にあった栄電社(今のエディオン)で買ったんです。出力はジャックではなく、いきなり6.3の標準プラグでしたから中学生の僕にはありがたかったですね~
音はめちゃめちゃチープでした♪(笑) というより当時使っていたのがボロボロのギターでしたから。アコギなんだけどブランコテールピースでした。
近いうちにYoutubeチャンネルでインプレしますのでお楽しみに♪


★今日の第2ブログは
ネイル保護のお話です♪


——– スポンサーリンク ——–




 


★バックナンバー★

ペグ交換:グローバーとクルーソン




※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-

★今年の目標!
「肉体改造」の人。。。

本格派アスリートのためのボディメイク系サプリ『HMBプロテイン18000』

————————————————-

★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です