ローランドのMOBILE BA とCUBE Lite MONITOR どっちがいい?

今日は僕が普段使っている2つのモバイルアンプのお話をしましょう! ローランドのキューブシリーズの中では2つともホワイトボディなので同じ様なものだと思ってる方が多いようなんですが、実はこの2つ、キャラクターがちょっとちがうんです。
カンタンに言うとMOBILE BA は3チャンネルパワードミキサー、Lite MONITORはパワードスピーカー、、かな♪
これ↑がMOBILE BA 。ミキサーアンプなのでコレ1台あればかなりいろんなことができるんです。AUDIO入力に対してセンターキャンセルを効かせ、マイクにリバーブやエコー(ディレイ)もかけられるので簡易カラオケとしても使えちゃうんです♪
一方この↑Lite MONITOR はMOBILE BA のように器用なモデルではなく、極々普通のパワードスピーカーって感じです。ただこのLite MONITOR はiphone とダイレクトにリンク接続できる i-CUBE LINK なるものが装備されているので結構ベンリなんですよ~ ただこのi-CUBE LINK はiPhoneの4極ヘッドホン端子を利用して接続するものなのでヘッドフォン端子が無い最新iPhoneでは使えないんです。※ライトニング端子⇔ヘッドフォン4極端子の変換ケーブルで試してみたんですがiPhoneには認識されずアウト!でした。僕はiPhone 6sPlus なのでコイツとリンク接続できるのでYoutubeの動画撮影でも以前はよく使ってたんです。最近は同社のGO:MIXER経由でiPhoneに接続しているので、もう1年以上リンクでは使ってないですね~
このLite MONITORの入力はラインとマイクでゲイン切り替えも出来ますし、モノラルにはなってしまいますがラインとマイクを同時に使うことも出来るんです。なのでアコギやキーボードなんかとマイクで弾き語りもOK! ただリバーブ/エコーを個別に調整することは出来ないんですが、、
僕は宴会やイベントにどちらかを持って行くんですが、GO:MIXERを買ってからはLite MONITORを使うことの方が多いですね~ モバイルBAはスピーカーも10cmで、ライトモニターの7.5cmよりパンチがあるように見えるんですが、実はモバイルBAの出力は2.5W+2.5W、ライトは3W+3W+4W(サブウーファー)でなんとトータル10Wもあるんです。実際の音圧も見た目小ぶりなLite MONITOR の方がガツンとくるんです。ただザンネンなのはバッテリー駆動が出来ないので、現場によってはアウト!なんです。やっぱ今の時代コードレス仕様は大事だと思いますね~
基本的に両者ともギターアンプではなく普通のオーディオアンプですからエレキをつなぐ場合はギターアンプシミュレーター搭載のマルチなんかじゃないとツライですね~ 一般的なコンパクトエフェクターをLINE端子にINしても使える音にはなりません! 僕はイベント現場ではほとんどKORG(コルグ)のパンドラミニを使うので普通の素アンプの方がかえって助かるんです♪ パンドラはシミュレーターとしては優秀なんですが、普通のエフェクターとしてギターアンプにつないでもイマイチですからね~ ★今回、僕の部屋に遊びに来た知り合いから「なんで2つ持っとるの?」って聞かれたのでちょっとご説明させて頂きました。僕は昔、MOBILE CUBEも使ってたんですが、エレキ一発でやるんならモバイルキューブはかなり使い易いギターアンプだと思いますよ~

▼Lite MONITOR ↓はスピーカーのサランネットが外せます!


——– スポンサーリンク ——–




 


★バックナンバー★

アコギのピックガードの剥がし方

Godin(ゴダン)のフルアコはかなりイイんです♪




※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-

★今年の目標!
「肉体改造」の人。。。

本格派アスリートのためのボディメイク系サプリ『HMBプロテイン18000』

————————————————-

★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です