生音にエフェクトをかけれるヤマハのアコギ♪ ~使えるアコースティックギター

ギブソンの経営問題で久々に楽器業界もある意味にぎやかしくなっていますね~♪ 自動車なんかと比べて趣味としてはかなり少ないギター人口。今では「ロックの時代は終わった!」なんてことも言われてますからね~ 実際、今ではヒップホップ系がロックを飛び越えて行ってますからね~ DTMで誰でもカンタンに楽曲を作成できる時代ですから「ギター」を始めてみよう!なんて思う若い人は少なくなってるんでしょうね~ 対照的にエレピなんかは好調のようなんですよね~♪ 販路を拡張するための買収行為が逆に自分の首を絞めることになるとは、、、オートチューニングのロボットギターあたりから僕は少しギブソンに対して「???」って感じを持っていて、廉価モデルを連発し始めてから「ギブソン、大丈夫か!?」って心配はしていたんです。と言いながら僕もシッカリSGスペシャル買っちゃいましたが。。。 まぁ~このことについてはまたお話しましょう!
苦戦してるのはギブソンだけではなく全ての楽器メーカーさんに言えることだと思いますが、ヤマハはホント頑張ってますよね~♪ で、今日ご紹介するのは僕の仲間内でも話題になってるアクチュエーター内蔵のアコギなんです。アクチュエーターっていうのは弾いた振動を電気的にボディトップに伝える加振器のことなんです。さらにリバーブとコーラスのエフェクターも内蔵! 構造は違いますが解り易く言うならフェルナンデスZO-3のアコギ版って感じかな~ と言っても単純にアコギの中にギターアンプが入ってるのとはゼンゼン違いますが。。。
アクチュエーターはボディトップのこの辺りの裏にセットされていてトップ材を振動させるわけなんです。アンプでもないのに普通にサウンドホールからエフェクトをかけた音が出るっていうのはスゴイですよね~ そのサウンドも超自然で、エフェクト音というより自然な残響音♪って感じなんです。 宴会やバーでの演奏が多い僕としては「ちょっと欲しい!」って感じ♪
コントロール部が超シンプルなのもイイんですよね~ 一般的なエレアコのゴツい操作パネルを嫌う人も少なくないようなので、その辺のことも意識して開発されてるのかもしれませんね~ このヤマハTranse Acoustic シリーズは写真のFSモデル(マーチンでいう000サイズ)の他、FG・LLもラインナップされてるんで好みのタイプをチョイスできるんです♪ 個人的にはやっぱFSが好きですね~
今年は↑マーチンの00-15Mを買うつもりだったんですが、正直今悩んでるんです。 このFS-TA、値段が00-15Mの3分の1なんです。取り敢えず仲間の誰かが買わないかな~!って思ってるんですが。。。 宴会でも重宝しそうな機能だし、リーズナブルな値段だから何処へでも気軽に持って行けますからね~♪ 買ったら忘年会はコレばっか使うようになるかもしれませんね~


——– スポンサーリンク ——–




 


★バックナンバー★

アコギのピックガードの剥がし方

Godin(ゴダン)のフルアコはかなりイイんです♪


———- スポンサーリンク ———-


ラジカセ、カセットテープが再ブーム!


80年代風ラジカセのクローンが
最近話題になってるようです♪


※この商品リンクは
アマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-

★今年の目標!
「肉体改造」の人。。。

本格派アスリートのためのボディメイク系サプリ『HMBプロテイン18000』

————————————————-

★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です