エフェクター用モバイルバッテリー ★9VとUSBだから、ストリートライブで便利かも。。。

先日、コルグのPANDORAミニとDITTOルーパーのお話をしましたが、今回も少しその続きのお話です♪  Youtubeの演奏動画収録以外に宴会ステージでもこの2つはセットでよく使ってるんです。コンパクトで持ち運びがラクですからネ~ で、少し早いんですが秋からのプチステージの予定が入ってきたんです♪   クリスマス、忘年会ステージ、今年は久々に「オルガンサウンド♪」も使おうということで。。。  最近あまり出番のなかったelectro-harmonix(エレクトロ・ハーモニクス)のC9/Organ machine を使うことにしました。まぁ~パンドラも簡易機材なので、そんなにガッツリこだわることは無いんですが、当日シールドつないで。。。とバタバタしたくないので、取り敢えずカンタンなボードを作ってみました♪
今回の中核はパンドラ・ミニではなくエフェクターサイズのSTOMPで組んでみました。普段STOMPはTRIO+・バンドセンターとセットでボードに入れて使ってるんです。バンドセンターもいろいろ便利なんですが現場での使い勝手はやはりDITTO ルーパー にはかないませんからね~ で、電源はいつもの006P(9V)充電式でいくつもりだったんですが、今回エフェクター用の9Vが取り出せるモバイルバッテリーを新調しました♪  上↑の写真の黄破線部分がバッテリーの設置場所です♪
これ↑、前から気になっていたんです。一応USB5Vソケットも付いているのでiPhoneでマイナスワン音源を流す場合もバッテリーの減りを気にしなくて済みますからネ! バッテリーの容量は6600mAなので大容量モバブとは言えませんが、OD系エフェクターなら連続で50時間位は使えるみたいです。なので今回の3つを同時に使っても1ステージなら全く問題無しですね~ 3台なので分岐ケーブルを使うことになりますが、バッテリー本体には9Vソケット2個とUSB1個ですから、オルガンマシンとルーパーは9VにつなぎパンドラはUSBで駆動させればケーブル関係は見た目スッキリするかも知れませんネ♪  このモバブ、まだ現物届いてないんです。★近日、使った感想等ご報告しますね。
勿論、今年の宴会関係はミニ・レスポールでいこうと思ってます♪ オルガンマシンならやっぱトーネイドーズの♪テルスターはゼッタイやりたいですね~
今回のボードも見た目は幅広ですが軽量なのでトートバッグに入れて持ち運びもラクラクです。
さすがに今まで↓よりは多少かさばりますが。。。


↓RockBoard Power LT XL

出力:2 x DC 9V(各1,000 mA)
バッテリー容量:6600 mAh
USB電源(5V)×1  装備


スポンサーリンク


※このリンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。

————————————————-
ゴーゴーエレキ7月号♪


————————————————-
★糖尿病は自覚症状が出ないので
気が付いた時にはかなり。。。
最悪の場合、失明ということも。。。
定期的に病院でヘモグロビンA1cのチェックを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です