ダイエット、こうやりました!

昨日のダイエットのお話の続きです。では、僕がどうやってお医者さんもビックリするぐらいの数値(血液検査)を短期間で出せたのか? ハイ、教えます! まず、3ヶ月前に先生から脅された時の体重が65kg、ウエストが80cm、食後2時間の血糖値が140mg/dL・ヘモグロビンHbA1Cが8.4%でした。 この最悪の状態が、★1ヶ月後には 体重が61kg、ウエスト78cm、血糖値 91mg/dL 、HbA1C 6.4% ★2ヶ月後 体重59kg、ウエスト76cm、血糖値93mg/dL、HbA1C 6.0%  ★そして3ヵ月経過した昨日の数値が、体重57kg、ウエスト73cm、血糖値90mg/dL 、HbA1C 5.9% という結果でした。
では僕がやったダイエット方をご紹介いします。 自慢ではないんですが、3ヶ月前の最悪の数値は、普段ちゃんと運動してての数値なんですよ~ なので、もし全く運動をしていなかったらって考えるとホント怖いです! 数値が悪かった時にやっていた運動は週に3日夕方ジョギング(平均4~5km)とジョギングの前後に5分間のストレッチ。「結構、たいへんじゃん!」って思われるかもしれませんが、ジョギングもホントゆっくりしたスピードで走って、ストレッチも普通のラジオ体操みたいな感じです。でも痩せなかったし数字も悪かったんです。食事は勿論、朝昼晩 普通に摂ってましたね。 昼食だけは、一応血糖値の急激な上昇を抑えるため食前に野菜サラダを食べてました。(現在も) でも、数字最悪でした!
それで、この3ヶ月に変えたことは、ジョギングのスピードを今までの半分位まで落として走りました。「え~っ、遅く走るの~?」って思われるかもしれませんが、マラソンをやっておられる方ならお解かりだと思いますが、このゆっくり走るやり方はLSDトレーニングって言う有酸素運動の能力をアップさせる走り方なんですよ。 ゆっくりだから結構呼吸もラクだし長い時間走れちゃうんですよ~ ですが、ある程度スピードを出して走る時みたいに惰力で進めないから常にカラダを引っ張って走ってる感じなんですよ~ だから知らず知らずのうちに筋力もついてきちゃうんですよ~♪ 筋肉は糖をシッカリ消費してくれますから血糖値の改善にこの走り方はかなり貢献してくれたのは間違いないですね!


———- スポンサーリンク ———-



次に変えたことは食事前の野菜サラダなんですが、今までサラダを食べてからすぐおかずとかご飯を食べていたのを、サラダを食べ終わってからすぐ炭水化物系に入らず、5分経ってから食事に入る「低インスリンダイエット法」を徹底しました! これは、そんなに大変ではなくて慣れてしまえば全く気になりませんね~
そして、寝る前の腹筋運動! 「え~!」って思うかもしれませんが、これも一般的にみなさんがやってる後頭部に手をあてて、ヒーヒー言いながら20回、30回やるんじゃなくて、僕は仰向けに寝て腰から上だけをを20回ゆっくり上げ下げしてただけです。勿論、まったく辛くないので毎日でもゼンゼンOKでした。勿論、現在も続けてますよ~  これも、ゆっくり上げ下げすることがミソですね~。 この運動を始めてから一週間位してからジーパンにゆとりが出てきましたね! そして、最後に・・・ 大したことではないんですが、僕にはイチバン辛かったかも。。。 僕は普段デスクワークで、アイデアを搾り出しながら仕事しているのでブラックコーヒーとチョコレートが必須だったんですよ~ しかし、断チョコしました!! ただ、チョコをアーモンドに変えただけです。なので、意外に辛くなかったですね~ アーモンドは結構沢山食べてましたが、大丈夫でしたね~ これは思った以上にヘモグロビンの数値に出ましたね! 血糖値と違って、ヘモグロビンの数値は日頃の生活習慣がモロ出ますから一切ごまかしがきかないんですよね~! なので、先生も僕が毎日努力していたことはちゃんと判っていたようです。 そして、次回の検査で数値が悪くなってなかったら血糖値を多少下げてくれてる薬も飲まなくてよくなるみたいです。
ま~この辺りのお話は糖尿病とは無縁の方には必要ないと思いますが・・・
ただ、普段の生活習慣によっては誰でも二型糖尿病になる可能性はありますからね~ 実際近年は若い方の糖尿病が増えてるみたいです。
★話を本題のダイエットに戻しますが、現在はウエスト75cmのジーパンにゲンコツが入れれる位までになりました。 3ヶ月前、ウエスト82cmのジーパンでした~
たぶん、梅雨明け頃にはまたワンサイズ下のジーパンを買ってると思います!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です